スポンサード リンク

暴れん坊ママ 第5話あらすじ

★暴れん坊ママ 第5話あらすじ

川野あゆ(上戸彩)は、イキナリ登場した哲(大泉洋)の前妻である景子(紺野まひる)と哲が会話するのをを店の奥で聞いていた。連絡しないで哲の家を突然訪ねてきた景子に、哲は不愉快におもうのですが、佑樹(澁谷武尊)を手放したはずの景子は悪びれる様子かけらもない。

後日、あゆがいつものように幼稚園に佑樹をむかえにいくと、佑樹の姿が見あたらない。

誘拐騒動となってしまい、北条翠子(ともさかりえ)、小南八重(山口紗弥加)、花輪倫子(片瀬那奈)らも加わって一生懸命に探すのだが見つからない。そんなとき、あゆが景子とあるいている佑樹を見つける。佑樹が無事にいたことに安心したのだが、景子の取った行動に戸惑ってしまうあゆ。あゆは、佑樹が自分には見せてくれない顔を景子には見せることにもショックを受けてしまう。

そんなとき、翠子は幼稚園で園長先生の高沢理恵子(岡江久美子)とまたまた対峙していた。佑樹が幼稚園に途中入園をして来てからというもの、幼稚園の雰囲気が壊れかけてしまっている、という翠子だった。

そして、園長先生の高沢理恵子は佑樹を擁護するかのような発言をして、決定的な言葉を口にする。

そんななか、景子が登場したことによってその存在があゆの気持ちを不安にしていることを哲は気づいて、景子にもう二度とこの家に来ないで欲しいというのだが、逆に景子のくちから聞かされる話に驚いてしまうのだった。
posted by 暴れん坊ママ at 17:36 | 「暴れん坊ママ」あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。