スポンサード リンク

暴れん坊ママ 第6話のあらすじ

★暴れん坊ママ 第6話のあらすじ

川野あゆ(上戸彩)と哲(大泉洋)は翠子らから猛反発を受けることとなる。北条翠子(ともさかりえ)、花輪倫子(片瀬那奈)に、佑樹(澁谷武尊)がさくらんぼ幼稚園を退園しないということにした報告をしたからだった。

そんななか、近じか開かれる「お遊戯会」の説明会が幼稚園では行われる。自分の子供のいいところをママたちは、アピールしたいのだ。お遊戯会で上演する劇で少しでもいい役をもらいたいと早くも火花を散らしあう。そこで園長から、有名私立小学校の校長がお遊戯会当日にやってくることが伝えられたからなおさらだった。

その後に、あゆは、佑樹の忘れ物を教室まで取りに来た時に、幼稚園の先生たちがお遊戯会で園児が演じる役をを決めているところを偶然に見てしまうのだった。しかもそのときは、佑樹が王子役に選ばれていたのだった! 佑樹には秘めた思いがあったのを知らずに喜ぶあゆや哲だった。はたして翠子のご機嫌をとりながら上手くやって行けるのだろうか?


暴れん坊ママ 視聴率予想
第4回と第5回はほぼ同じ位でした来週もこのあらすじの内容から見て同じく11.5%位ではないかと予想されますね。どこかで何か衝撃を受けるほどの出来事があれば別ですけど。。。
posted by 暴れん坊ママ at 13:09 | 「暴れん坊ママ」あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。