スポンサード リンク

暴れん坊ママ 第7話あらすじ

暴れん坊ママ 第7話あらすじ

突然「お受験したい」と言い出した佑樹(澁谷武尊)の言葉に川野あゆ(上戸彩))と夫である哲(大泉洋)は、すごく驚くのだが、当の佑樹はすでにノリノリ状態だった。

初恋相手で大好きな植松莉子(小出幸果)と同じ小学校を受験したいと言って哲が地元の小学校に行くようにいくらすすめても、聞かない。

佑樹が初めて自分自身からやりたいと主張したことだからとあゆは、気持ちを尊重してやりたいと思ってはいるのだがふたりの考えは食い違う。金銭的な理由からも夫の哲は諦めさせるべきだと言うのだった。

そんな中、莉子の母親である莉香(中山恵)にあゆが塾のことで相談していると、塾の授業を見学してみればいいと北条翠子(ともさかりえ)が来て提案していくのだった。

何故かと言うとみんなほかの子たちはお受験のために何年も前から準備しているのだという。

たまたまのそんな思いつきではついていけないことがわかるだろうと言う。

そこで佑樹を連れてあゆは、さっそく、子供たちが通っている有名進学塾の見学に行くことにするのだった。

独特な空気がピンと張り詰め流れる教室では、難しい問題をみんな真剣モードで必死に解いていく。

そんななか、どうしたわけか見学をしにきた佑樹が当てられる。

周囲の誰も出来るわけがないと思いこんでいたのだが、佑樹は誰よりもスラスラと簡単に正解を答えはじめてしまうのだった
posted by 暴れん坊ママ at 20:52 | 「暴れん坊ママ」あらすじ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。